構造・種類

商品名

ヘッドホンの構造は大きく二つに分けられ、それぞれ次のような特徴がある。

オープンエアー型(開放型)
発音部分の背面が開放されており、音が自由に出入りできるもの。
同等の価格であれば、密閉型よりも良い音が得られるものが多い。
一般に高音が良く伸び、音がこもらない反面、低音はやや弱い事が多い。
DJなど、同時に外の音を聞くことが要求される場合にも用いられる。
音漏れが大きい。

密閉型(クローズド型)
発音部分の背面を密閉したもの。
力強い低音を再生できるが、音がこもるものも多い。
遮音性が高いため、音質よりも外部の音を遮断することを重視する場合に好んで用いられる。
ヘッドフォン自体の音も音漏れしにくくよく遮断するので、公共の場で利用するヘッドホンに用いられるほか、ヴォーカル録音等のモニタにも愛用される。
ただし音の傾向については構造による違いより、どちらかというとメーカーによる差が大きい。
例えばゼンハイザー社の開放型ヘッドホンは低音が強調されて、オーディオテクニカ社の密閉型ヘッドホンは高音が強調されて鳴る傾向があることで知られている。
だが、遮音性・音漏れについても密閉型だから高いとは必ずしもいえず、同じメーカーの製品でも機種による音質の差も大きいので購入の際は試聴することが薦められる。

種類

商品名

インナーイヤー型
耳介に引っ掛けるタイプ。
日本国内で携帯プレーヤーを購入したときに付属してくることが多い。
その多くが耳の形状に合うように設計されているため装着感が良く、スポーツなど激しい動きでも脱落しにくい。
このタイプには開放型が多いため、比較的音漏れしやすい。

カナル型
外耳道(ear canal)を指し、耳の穴にインナーイヤー型よりも深く差し込んで使用するタイプのヘッドホン。
構造上密閉型が多く、遮音性能が極めて高い。
電車内で細かい音を聴くこともできる。
耳に合うかどうかが個人によって異なり、音質や装着感などにも大きく影響する。
近年各メーカーから相次いで販売されるようになった。

ヘッドバンド型
ヘッドバンドを頭の上に乗せるものである。
「オーバーヘッド型」とも呼ばれる。
主に室内で使用するヘッドフォンに用いられる。
耳に良く密着し、密閉型では音漏れしにくいものが多い。
しかし、持ち運ぶときにかさ張る、髪型が乱れるなどの理由で敬遠される事もある。
最近では折り畳み型もある。

ネックバンド型
首の後ろ側に装着するもので、携帯型のヘッドフォンに用いられる。
頭の上に取り付けるヘッドフォンのように髪型を乱すことが無く、帽子をかぶることもできる。
運動時にも邪魔にならない。
現在ではソニーなどで作られている。

耳掛け型・クリップ型
クリップを外耳に引っ掛けるもの。
コードをハウジング内に収納するモデルもあり、非常にコンパクトで、携帯に便利である。
しかし、外耳に引っ掛けるため、耳に密着しにくく、音漏れしやすい。
また、眼鏡着用者には使いにくい。
長時間使用すると外耳に痛みが出る事もある。
全体的に3000円程度の商品が多いが、中にはアルミニウムや木材などを使った高級モデルもある。

▲Page Top

無料 レンタルサーバー